ニキビ肌浸透美容液・化粧品ランキング

ニキビ肌に浸透させる美容液&化粧品の正しい選び方とは?

ニキビ肌に浸透する化粧水&美容液を使っているのに間違った化粧水の選び方をしていませんか?
正しい化粧水の選びを学び、化粧水をお肌へとしっかりと浸透させましょう!

ニキビ肌浸透。人気ランキング

エクラシャルム

ニキビというのは、専用のアイテムを使ってもなかなか治らないことも多いですね。
もし、何を使っても治らない、繰り返しできてしまうという方にオススメなのはエクラシャルムです。
数あるニキビケアアイテムの中でもエクラシャルムをオススメするのは、他の商品とは違う特長があるからです。
ニキビに悩まされてきたあなたに「Eclat Charme(エクラシャルム)」!!
有効成分の「グリチルリチン酸ジカリウム」と「水溶性プラセンタエキス」でお客様のニキビの悩みを総合的にサポートします。

価格 容量 評価
980円(初回のみ) 60g ニキビ肌,浸透,美容液

 

ニキビ肌,浸透,美容液

ニキビ肌,浸透,美容液


パルクレールジェル

ニキビ肌浸透

パルクレールジェル
パルクレールジェル

もうニキビに悩まない! 美白もできる大人ニキビケア! 日本製で日本人の肌に合わせてつくられた 肌にやさしいニキビケアジェル! ニキビケアならパルクレールジェル
◎刺激が強すぎない肌にやさしい低刺激処方
◎無添加・日本製・薬用ニキビジェル

価格 発送重量 評価
4980円(定期便パック) 104g ニキビ肌,浸透,美容液

 

パルクレール

パルクレール


ベルブラン

 

ベルブラン

ベルブラン
ベルブラン

・お肌への浸透力が高い、工場オリジナル”ナノ化"成分「甘草エキス」配合
(「甘草エキス」は、カンゾウの根などから抽出した植物エキスで、
この油溶性甘草エキスをナノ化させ、お肌の通り道を作り、
お肌への浸透力を高める。)

ニキビ跡を「ふっくらもちもち」に仕上げる美容成分
厳選植物エキス配合で透明感のある肌へ導く

価格 容量 評価
1000円(初回限定) 30ml ニキビ肌,浸透,美容液

 

ベルブラン

ベルブラン


薬用アクレケア

薬用アクレケア

薬用アクレケア
薬用アクレケア

1.肌表面に薄いベールを作って、肌を滑らかに整える月下香エキスを配合
2.肌を薄くしく見せる美白成分:アルブチン、ビタミンC含有量世界一カムカムエキスを配合
3.今あるニキビの炎症を抑え、予防もできるグリチルリチン酸2Kを配合
4.赤ちゃん肌を作る新美白成分:卵殻膜を配合
5.さらに、保湿成分:ヒアルロン酸、美白弾力:茶エキス、保湿美白:カモミラエキスを配合

価格 容量 評価
4500円 30ml ニキビ肌,浸透,美容液

 

薬用アクレケア

薬用アクレケア


ノブAC

ノブAC
Nov ACアクティブトライアルセット

「NOV」は1985年に皮膚科の先生の協力に基づき開発された低刺激化粧品。
「安心して使える化粧品はないのだろうか
皮膚科の先生のこの一言で研究・開発を始め、
敏感なお肌に悩むたくさんの女性から支持をいただいております。

価格 容量 評価
初回購入1,543円(税込) トライアルセット ニキビ肌,浸透,美容液

 

 

ベルブラン

ベルブラン


ニキビの中でも「周期ニキビ」には要注意

ニキビがあると、どんなにメイクが決まったとしても自分の顔に自信が持てなくなりますし、何に対しても消極的になってしまいますね。
そんな厄介なニキビの種類の中でも、特に面倒なのが周期ニキビです。
やっと治ったと思ったら、また同じ場所にニキビが出来るというのは周期ニキビかもしれないので要注意です。

 

・周期ニキビとは

 

周期ニキビとは、名前の通り周期的にできるニキビのことを言います。
ニキビは、毛穴に詰まった角栓を餌にしてニキビ菌が繁殖し、その分泌物の刺激によって炎症が起こることで発症します。
角栓ができるのは、皮脂の過剰分泌やターンオーバーの低下などが原因なので、その原因を改善すればニキビは治ります。
ですが、周期ニキビは原因を改善しても同じ場所に再発したり、定期的にニキビができてしまいます。
このように繰り返しニキビができるのは、主に女性ホルモンのバランスの崩れとストレスが原因と言われています。
例えば生理など女性ホルモンの分泌量が変わってしまう時期や、仕事や人間関係など常にストレスの影響を受ける状態だと、周期ニキビができやすいです。
ただし、もっと突き詰めると生活習慣とニキビケアが大きく影響しているので、周期ニキビに悩んでいる方はこの2つを徹底的に見直しましょう。

 

・周期ニキビに注意しなくてはいけない理由

 

ニキビというのは皮膚の病気ですから、周期ニキビに関わらずしっかり治す必要があります。
ただ、普通のニキビであれば繰り返しできるわけではないので、1度治ればそれ以上肌にダメージを与えることはありません。
周期ニキビが要注意と言われるのは、再発することによって肌にダメージが蓄積してしまうからです。
炎症が起こっている部分の細胞は、度合いの違いはあっても大きなダメージを受けます。
炎症が治まれば細胞は再生するので健康な状態に戻りますが、ニキビが再発すればまたダメージを受けますし、それが繰り返されると肌細胞はどんどん弱ってしまいます。
その結果、ニキビ跡ができたりバリア機能が働かなくなってしまい、例えニキビが出来なくなったとしても健康な肌には戻れなくなるのです。
クレーターや赤みなどの色素沈着がある肌は美肌とは言えませんし、バリア機能が低下すれば肌トラブルが起こりやすくなります。
周期ニキビは、繰り返す炎症によってこのような状態を引き起こすので注意が必要なのですね。

 

ニキビを治す土台となり、美しく健康な肌を取り戻すために必須なのは肌細胞の再生能力です。
この能力が低下してしまったら、どんなにスキンケアをしても美肌にはなれないので、規則正しい生活習慣と徹底したニキビケアで周期ニキビをしっかり改善しましょう。

ニキビの原因

ニキビが出来たとしても、すぐに治ってしまう人となかなか治らない人がいますね。
このように治り方に違いがあるのは、原因を正しく把握している人としていない人がいるからです。
ニキビの原因は、皮脂の過剰分泌というイメージがありますが、それだけが原因ではないので正しく理解しておきましょう。

 

・ニキビができるメカニズム

 

ニキビの原因の一つに皮脂の過剰分泌が挙げられるのは、間違いではありません。
他にも、睡眠不足や食生活の乱れ、運動不足、女性ホルモンバランスの崩れなども原因と言われていますが、確かにこういったこともニキビの原因となります。
ですが厳密に言うと、人によってはこれらが原因になることもあるというだけです。
例えば、オイリー肌の人すべてにニキビが出来るわけではありませんし、寝不足で食生活も不規則な人気タレントさん全員がニキビ肌ということもないですね。
ちょっとややこしいですが、一般的にニキビの原因と言われていることは、あくまでも引き起こす可能性があるということでしかないのです。
ニキビは、ニキビ菌が角栓を分解したときに出す分泌物の刺激によって、細胞が炎症を起こすことで発症するというメカニズムになっています。
角栓は老廃物や皮脂、古い角質などが混ざり合って毛穴に詰まったものです。
つまり毛穴が詰まらなければ、どんなに皮脂が分泌されても寝不足でも、栄養が偏ってもニキビができることはないのです。

 

・ニキビを引き起こす一番の原因とは

 

ニキビができるメカニズムを見れば分かるように、ニキビの原因となっているのは毛穴の詰まりです。
毛穴を詰まらせないためには、ターンオーバーがしっかり行われることがもっとも重要です。
ターンオーバーは加齢とともに低下しますし、生活習慣などでもサイクルが乱れることがありますが、低下や乱れを改善できるのがスキンケアです。
スキンケアというと、美白やアンチエイジングを目的に行うイメージがありますね。
もちろん美肌を目指すことはターンオーバーの活性化につながるのですが、ターンオーバーに特化してケアを行う人は少ないです。
また、ニキビができても特別なケアをせず、いつもと同じスキンケアをしている人も多いようです。
ですがこういったスキンケアが毛穴の詰まりを引き起こす要因となっているのです。
つまり、スキンケアをしていてもニキビができる原因の毛穴の詰まりを発生させてしまうことが、ニキビを引き起こす一番の原因なのです。

 

スキンケアがニキビの原因というと語弊がありますが、結局スキンケアでターンオーバーが活性化されなければ毛穴の詰まりが起こってしまいます。
ですので、生活習慣と同時にしっかりスキンケアを見直すことが、ニキビの改善や予防への近道となるのですね。

ニキビによるかゆみの原因と対策

ニキビの症状は赤みが出て腫れたり、痛くなったりするだけではなく、かゆみというのも伴います。
ニキビが出来ている部位によっては皮膚がデリケートで、掻くと跡が残ってしまうこともあるので注意しなくてはいけません。
特におでこや顎など、ニキビが大きくなりやすい部分は痒くなることも多いので、原因と対策をきちんと学んでおきましょう。

 

・ニキビがかゆくなる原因とは

 

ニキビがかゆくなる原因は、大きく分けると2つあります。
1つは、ヒスタミンという物質やニキビに繁殖しているマラセチア菌によるものです。
ニキビの原因菌となるアクネ菌はもともと肌に存在している常在菌ですが、増加すると体は異物とみなすため免疫機能が働きます。
この働きによって分泌されるのがヒスタミンで、ヒスタミンにはかゆみを引き起こす性質があります。
マラセチア菌はアクネ菌と一緒に繁殖する菌で、皮膚に刺激を与えるためかゆみが起こります。
もう1つの原因は、肌の乾燥です。
ニキビが出来ている肌というのは、ターンオーバーサイクルが乱れているため水分保持機能が低下します。
さらに炎症が起こることで、皮膚内の水分が不足してしまうので肌が乾燥します。
肌が乾燥している状態でニキビの炎症が続くと、炎症の刺激によってかゆみが引き起こされます。
また、乾燥というのはヒスタミンの分泌を促進するので、強いかゆみが発生することもあります。

 

・ニキビのかゆみを効率よく改善するには

 

ヒスタミンやマラセチア菌が原因のかゆみというのは薬で抑えることができます。
皮膚科を受診すれば、原因物質にあった薬を処方してもらえるので、ひどいかゆみの場合は相談するといいですね。
ただ、ニキビが出来ている状態でかゆみを抑える薬を塗ると、薬効の刺激などで悪化する可能性があります。
かゆみの原因はいろいろあるとしても、ニキビによるかゆみはまず乾燥状態を改善するのがもっとも効率の良い方法です。
ニキビができていると、乾燥させた方が良いと思ってしまいがちですが、本当に必要なのは潤いです。
と言っても、市販の乳液などは油分が多すぎて肌に負担となるので、ニキビケア専用の基礎化粧品で保湿力を高めましょう。
しっかり保湿をすると、ターンオーバーのサイクルも正常化しますし、肌細胞の再生も促進されて健康な肌になり、結果的にかゆみが治まります。

 

ニキビによるかゆみがあると、その部分を乾燥させて改善しようとする方が多いのではないでしょうか。
ですが、多くの場合、乾燥がかゆみを引き起こしているので、ニキビ専用のケアアイテムでしっかり保湿をしてかゆみを取り除くのが正解です。

更新履歴